記憶屋



こんにちは。トミタです。

2月になりやっと冬がやってきましたね。

風邪引かないように気を付けたいです。

さて、久しぶりに映画館に行ってきました。

『ツナグ』『義母と娘のブルース』の平川雄一朗監督の新作です。

記憶を消せる特殊な能力を持った人とその人の能力を

頼って記憶を消してもらいたい人の思いが描かれています。

感動して泣ける部分もあれば、意外と衝撃的な内容の部分も

あり、感情がグルグルする作品でした。

現実味がない映画なので、苦手な人は感情輸入が難しいかもしれません。